2005年03月31日

総論賛成各論反対

これは政治の世界では普通に行われていることであろう。とある議員がTVに出演した時、無駄な道路建設の問題を扱ったとしよう。議員は基本的にこれに賛成する。しかし、いざ自分の地元の高速建設の話になるとあれやこれやと理由をつけて、建設を続けたがる。総論賛成各論反対の典型例であろう。

続きを読む
posted by князь Мышкин at 20:09| ブリスベン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南北朝鮮の併合

トラバ先の内容を要約すると、韓国側としては色々あるけどまだ北朝鮮と併合したくない。理由は経済の混乱がドイツの東西統一どころではなく、今は併合の時期ではない。こんな時に併合したら極めてエライことになってしまうからだというのである。

続きを読む
posted by князь Мышкин at 02:59| ブリスベン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トラックバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

差別の構造

差別の心理については心理学者が色々と分析しているのでそれをご覧頂くのが一番であろう。

おわり
posted by князь Мышкин at 01:46| ブリスベン ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

連想ゲーム

ここで連想ゲームです。
貴方が委員会と聞いて連想するのは?

・・
・・・時間です。
お答えは?
なるほど、人権擁護委員会国家公安委員会ですか。

続きを読む
posted by князь Мышкин at 02:00| ブリスベン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元英国首相のお言葉

二十歳までに共産主義に傾倒しない者は情熱が足りないが、二十歳を過ぎて共産主義に傾倒している者は知能が足りない
ウィンストン・チャーチル


そんなことはない、と信じたい
posted by князь Мышкин at 01:43| ブリスベン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

人権擁護法案の落としどころ

飛車角取り、という状況がある。飛車か角、いずれかを取られる状況で、状況に応じてどちらを手放すか熟考せねばならない。

では、飛車香取りならどうだろう?相手を投了させる詰めの段階でもない限り、香を取らせることになってしまうだろう。

さて、人権擁護法案に反対する立場の論点に若干の個人差が見られるようである。まずはそれについて考えたい。

反対の意見は何やら二つに分かれているように思われた。一つは特定団体を擁護するような法案であるという理由。もう一つは治安維持法的な運用がされてしまうという理由である。続きを読む
posted by князь Мышкин at 03:08| ブリスベン ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | トラックバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

人権擁護法案の可能的なリスクとは

こちらのブログで話題になっている人権擁護法案の悪用の可能性、それに対する対策の有用性などについて考えたい。

氏の主張を要約すると、
人権委員会に多数の部落解放同盟の構成員が選ばれる可能性はほぼ皆無で、また少数では悪用、乱用は不可能

という意味であると思われる。続きを読む
posted by князь Мышкин at 00:37| ブリスベン ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | トラックバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

軍人さんの格言

軍人は有能か無能か、そして働き者か怠け者か、これらによって4種に分類できる。
勤勉で頭の良い者は参謀向き。これは言わずもがな。
怠け者で頭の良い者は前線指揮官向き。自分が生き残るために的確な判断をしていくだろうから。
怠け者で頭の悪い者のタイプは兵士向き。命令されたことしかできないが、全ての障害を打ち倒すだろう。
勤勉で頭の悪い者は、即刻軍から追い出すか銃殺にすべき。何故なら間違った命令でも延々と続けて、最後は取り返しのつかない事態を招いてしまうから。

(フォン・ゼークト)

posted by князь Мышкин at 02:35| ブリスベン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ奴隷というネーミング

まずはプロ奴隷の一般的な定義を押さえておく。
ついでにこの語の由来となるプロ市民の市民についても見ておく。続きを読む
posted by князь Мышкин at 01:32| ブリスベン ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | トラックバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

生殺与奪権とは

生殺与奪権
生かしたり殺したり、与えたり奪ったりすること。他人をどのようにも思いのままにすること。「―の権を握る」
続きを読む
posted by князь Мышкин at 19:35| ブリスベン ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | トラックバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

在外参政権

在日外国人への地方参政権の話題に、ここでも触れてみたい。
まず最初に確認しておきたいのだが、納税の義務を果たしているから参政権を与えるべきという論理は間違っている普通選挙においては、納税額などによって制限せず国民に等しく認めるとある。言い換えれば納税していても国民でなければ認められないとされても不思議はなく、問題は国民の範囲であろう。
選挙権は権利である。権利についてすこし述べたが、日本では、大正一四年(一九二五)に男子について普通選挙制が実現し、婦人については第二次大戦後の昭和二〇年(一九四五)に実現した、とあり今回の話も少し関わる形となろうか。閑話休題。


続きを読む
posted by князь Мышкин at 04:37| ブリスベン ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | トラックバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

権利と権力

これらについて少し考えたい。まずは検索である。

けん‐り【権利】
1 ある物事を自分の意志によって自由に行ったり、他人に要求したりすることのできる資格・能力。「邪魔する―は誰にもない」「当然の―」「―を主張する」義務。
2 一定の利益を自分のために主張し、また、これを享受することができる法律上の能力。私権と公権とに分かれる。「店の―を譲る」義務。
3 権勢と利益。
[類語] (1 )資格・権限・権能・権益・特権・特典/(2 )私権・公権・人権
(大辞泉)

もう一つ
1 〔法〕〔right〕アある利益を主張し、これを享受することのできる資格。社会的・道徳的正当性に裏づけられ、法律によって一定の主体、特に人に賦与される資格。
「生きる―」「―をおかす」
イ 何らかの原理や存在によって一定の主体に賦与される、ある行為をなし、またはなさぬことができる能力・資格。
⇔義務
2 権力とそれに伴う利益。
(大辞林)


次は権力。
けん‐りょく【権力】
他人を強制し服従させる力。特に国家や政府などがもつ、国民に対する強制力。「―を振るう」「―者」
(大辞泉)

他人を支配し従わせる力。特に国家や政府が国民に対して持っている強制力。
「―を失う」「―の座にすわる」「―者」
(大辞林)
続きを読む
posted by князь Мышкин at 01:25| ブリスベン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

情報統制は楽しいですね。

さて。返答頂けたようである。

■ 質問
こちらでは気に入らなければコメントを消すというローカルルールがあるのでしょうか?そうでないなら消した理由を説明するのが責務です。でなければ最初からコメント機能を閉じておくべきです。
Мышкин (2005-03-25 01:59:53)

だからそういうローカルルールがあるんだってば。読んで来いって。


なるほど。

一応私もそれらしい記事に目を通したつもりであるが…

当ウェブログにはコメント・TB削除機能がついております。そのような端的な事実に基づき、当ブログの運営者たる私は一切のコメント・TBの生殺与奪権を行使いたします。

先述したようにプロ奴隷のコメント・TBで、挨拶の無いもの、エントリーの主旨を逸脱したもの、その他運営者たる私が不適当なものと判断したコメントは削除されるか、晒されるかです。


これがつまり、「気に入らなければ削除」と基本的に同義であるというわけである。

なるべくなら私は情報統制しますという解釈はすべきでないと考えていたが、どうやら情報統制するつもりのようだ。続きを読む
posted by князь Мышкин at 19:16| ブリスベン ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | トラックバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続報

いつもの場所が探偵ファイルの記事をうけて動き出した。

私は言葉を大事にしない方であるが、投稿は休むと何度も連呼していながら休まないのはいかがなものだろうか。せめて「特別の事情が無い限り」といった逃げ道を用意するくらい気を利かせてもいいと思うのだが。

続きを読む
posted by князь Мышкин at 00:44| ブリスベン ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | トラックバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

方法について

今回はこの記事にトラックバックを打ってみる。

さて、私が疑問に思うのは調査方法が明記されていない点である。
文中にある15編とは言わず、私が集めた60編ほど全体でも真の問題点を理解していないものの方が圧倒的に多い。


というが、まずどうやって60を選定したのか。更にそこから15をいかに選出したのか。これについて言及されていないように思われる。

続きを読む
posted by князь Мышкин at 19:44| ブリスベン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トラックバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

色々動き始めた

posted by князь Мышкин at 19:17| ブリスベン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人権擁護法案を考えない。

既に旬の時期を過ぎているが、人権擁護法案について考えなしの骨髄反射発言をしてみたい。私の骨髄は反射するのである。光とか。

大抵の指摘はなされているが、気になるのは法案の保護対象が不明瞭な点であろうか。判りきったことだからなのか、あまり批判されていないことであるが保護対象が在日挑戦人や童話地区の人々ということが定説になってしまっている。私はそこに違和感を感じる。

続きを読む
posted by князь Мышкин at 01:04| ブリスベン | Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

携帯の盗聴は簡単?続報

さて、携帯の盗聴について続報。
どうやら「アナログ携帯」の話をしていた模様。確かにそれならコードレスの子機と似たり寄ったりであり、盗聴も容易であると想像が付く。が…アナログ携帯のサービスが終わったのは
2000年九月ごろのようである。

もちろん全て承知の上でわざと餌を撒き、私が見事に食いついている状況であると信じたい。でなければ裏づけも取ろうとせず、友達の友達から何年も前に聞いた話をまことしやかにささやくような真似をしたことになってしまうからである。
posted by князь Мышкин at 19:42| ブリスベン | Comment(0) | TrackBack(0) | トラックバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リンク

張った覚えの無いリンクが時折文中に現れていると思ったら、どうやら自動広告リンク機能が存在しているようである。

解除の仕方がいまいちよくわからなかったが、興味のあるリンクは全て踏んでいただきたい。私の張った参考リンクもしばしば含まれている。踏んだだけでは支払いも私への利益も無いはずなので、広告だった時は舌打ちでもしながら開いたウィンドウやタブを閉じてもらえれば幸いである。
続きを読む
posted by князь Мышкин at 02:36| ブリスベン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯電話の盗聴は簡単?

さて…?
まずは軽く検索をしてみる。
http://www.web-chosa.com/tocho/faq/wiretapping/tapping_of_cellular_phone.html
http://www.jp-security.net/touchou-keitai/
デジタル暗号化されている携帯の盗聴は、いわゆる警察無線の盗聴と同程度には難しいはずである。必要なのはD-A変換できる受信機と、暗号解読コード。まず受信機はそうそう市販していないし、コードは一応社内秘のトップの部類のはずである。誰でも簡単に…とはゆかなそうである。リンク先にもあるようにこの盗聴は礼状持ったK札くらいしかできないと考えるのが現実的であろうか。
ちなみに携帯を使って盗聴する機器は売っている。しかしこれは携帯を簡易盗聴器に変えるシステムであり、電話回線を盗聴するわけではない。


続きを読む
posted by князь Мышкин at 01:20| ブリスベン ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | トラックバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。