2005年12月31日

今日の感想

今日見ていくのはこのエントリである。

しかし、「匿名批判の禁止」が「俺を批判するの禁止!」という「子供っぽい話」の亜種たり得るためには、〜


これがsamage氏の言うような胡散臭さを実現するのは実は容易である。用意するのは電波エントリである。エアロバキバキでも、なんでもいい。そういうエントリを日々書き込む人が「匿名批判禁止」と言ったとしよう。この場合実名批判すればいいかというとそうはいかない。そんな電波なエントリ書く輩である、どこまで粘着されるかわからない。そんな電波さんと全面戦争する気になど、まず滅多にならない。そして相手は批判が無いから俺正しいという珍メソッドを成就することになるわけである。samage氏が言ったのはおそらく「黒木ルール他が最近悪用(誤用)されてるよね」というような意味だったと思われる。

つまり、
1つは、その批判を行ったのが自分であると相手方に知られると、相手方から訴訟を提起されるなどして法的な責任を負わされるような「批判」です。

 もう1つは、その批判を行ったのが自分であると自分の周囲の人々に知られると、周囲の人々から白い目で見られるような「批判」です。


これにはもう1つある。批判を行ったのが自分であると相手に知れると、どこからともなく匿名の嫌がらせがぶちかまされる見込みが強い場合である。

匿名批判の禁止ルールの本来の意味はいうまでも無く
明日には消滅するかもしれないハンドルネームの人格と真剣に相対することへの徒労感

これであろう。この場合、匿名≒捨てハンという意味が強く、対義語は実名ではなくトレーサビリティ高めのハンドルということになる。実際
「匿名」であるか否かの判定は実名や電子メール・アドレスを公開しているか否かで行なわれるのではなく、その人が自分自身の考え方や趣味・嗜好に関してどれだけの情報を公開しているか否かで行なわれる。 (この意味での「匿名」は通常の意味の匿名とは全然違う意味であることに注意! 以下に書かれていることを誤解しないためには、そのことを決して忘れないことが必要です。なお、このような「匿名」の定義はネット上で実用的に使用可能な「匿名」の概念としてかなり有効だと考えられます。例えば、一貫した人格のもとで自分自身の考え方をインターネット上で発表している人は実名を公開してなくても「匿名」でないということになる。)

この意味で、小倉氏が匿名と呼んでいる相手の中にこの論からすると匿名でなくなっている人は相当な数居ることになる。どこをどう読んで匿名禁止=実名推奨と解釈したのか気になる。
posted by князь Мышкин at 18:34| グァム ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 匿名ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ばかじゃねーの
Posted by at 2006年01月01日 20:04
 技術屋の私から見れば
  ★定義を定めず議論するからこうなる★
というだけなんですが。
Posted by FRG at 2006年01月02日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。