2005年03月30日

連想ゲーム

ここで連想ゲームです。
貴方が委員会と聞いて連想するのは?

・・
・・・時間です。
お答えは?
なるほど、人権擁護委員会国家公安委員会ですか。

国家公安委員会とは
国家公安委員会は、国民の良識を代表する者が警察を管理(警察機構を文民統制=シビリアコントロール)することにより、警察行政の民主的管理と政治的中立性の確保を図ろうとする目的で、戦後新たに導入された(総理府に置かれる外局)、国務大臣である委員長と5人の委員(特別職の国家公務員)の計6人で構成される合議制の行政委員会である(警察法第2章)。


だ、そうだ。
さて、ここでもう一度問題を出そう。
:少人数の委員会で
:代表的有識者による管理を目的とし
:法外な報酬を得て
:実際には有形無実な組織といえば?

回答の制限時間は人権擁護法案が可決、施行される前までとしよう。
posted by князь Мышкин at 02:00| ブリスベン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2684540

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。