2005年04月16日

閑話休題までの道のり

祭で盛り上がっている中、斜めに逸れた話をする。それがМышкинクオリティである。
まとめサイトから辿って行き着いた場所での話題に触れてみたい

こんな記述がある。
日本では数万円出せば赤ん坊の死体を買えて、日本人はそれを食用にしている。(人肉食の習慣があるのは中国だけ!三国志にも妻を殺して曹操か劉備にその肉を出した男の話がでてくるな。)

これはおそらく落ち延びた時の劉備に、何も無い家の男が自分の妻を殺してその肉を振舞うという記述であったと思う。ただしこれは史記ではなく三国志演義を題材にした吉川英治版の記述であることには注意しておきたい。インドの故事だかにウサギが自らの肉を差し出す献身行為があったりするのがヒントになっているとも考えられる一節である。だが、こんなサイトが一瞬で発見できるほど中国の人肉食は有名らしい。

というわけで閑話休題
posted by князь Мышкин at 16:17| マイアミ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トラックバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。