2005年04月28日

少数の選民の利益の為に多数の賤民の犠牲は止むを得ない

さて、また微妙なエントリが出てきたが、一応見ていきたい。
箇条書き気味になるが
著名人系のblogの多くがコメント欄を閉鎖してしまっているところにも現れています。
著名人がコメント欄を封鎖した理由を調査したのだろうか。
個人を特定されかねない情報をエントリー等に書き込むことがないように慎重に配慮しながらblogすればばれずに済むかも知れませんが
当然の配慮だと思われる。
blogにおいて他人を攻撃する発言の匿名性を守ることにより得られるものは、匿名の陰に隠れて他人を無責任に誹謗中傷する方々を安心させるということと、そのような方々から執拗に誹謗中傷されることへの耐性がない人々のblogへの参入を阻害すること
匿名の人間は誹謗中傷しかしないとでも言うのだろうか。実名ではできない告発批判などの話が抜けている。誹謗中傷への耐性が無い人間には、残念ながらブロガーたる資格は無い。実名を明かすことでのリスクを配慮していないし、功利計算もおざなりすぎる。

結局のところ、有名人が少数派であることも配慮されていないし、実名発言によって得られるメリット(メリット量X人数)とリスク(リスク量X人数)の大小関係の比較が全くなされていない。自分たちの利益の為ならそれ以外の多くの人が不利益を被っても構わないと言わんばかりであると勘繰ってしまう。
posted by князь Мышкин at 00:21| マイアミ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トラックバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3184525

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。