2005年05月05日

想定内

かなり面白い記事を見つけた。すでに各所で話題にのぼっているようである。
まず問題は
というのだが、救助隊員が携帯電話に出ない理由が分からない。

という理由が分からない。
救助における最優先事項は人命である。そして今回は救助が間に合わずに亡くなった方もいるようである。そんな中では一分一秒も無駄にできない。携帯に出る時間など一m秒でも勿体ない。

参考

電話に出るぐらい簡単だ。なんの救助の妨げにもならない。すぐ救助できる状況になかったのだから、せめて携帯にぐらい出るべきだーということだ。
携帯を外に持ち出し、掛けなおすなどいくらでも方法はある。「この電話は事故現場にある」というだけですむことだ。それだけで家族には大変な情報だ。

この人物がもとレスキュー隊員で、救助中でも電話に出るくらい簡単であり、救助の妨げにならないと経験的に知っているならこの批判ももっともだが、そうなのだろうか。すぐに救助できる状況にないからといって、そんな余裕があるとは初耳だ。

それに、「この電話は事故現場にある」などという半端な情報を混乱している相手に与えてどうなろう。すぐにまた電話が鳴り出すだけではなかろうか。なまじ一度受けられたなら尚更。


さて、この件でかなりの反論コメントが付いたようであるが、一括削除した上、コメント、トラックバックの停止、最後にはエントリの削除まで行った。その上トラックバックスパムを打ったあげく何が悪いと開き直り、スパムの意味を知らないという無知ぶりまで披露している。「反論は想定内」というが、その反論への反論もなっていない。以前とあるラジオで想定内想定内というが、結局うまくいかずにひっそり樹海の中に消えるのも想定内というギャグがあった。想定すればいいというわけではなく、想定した後の対処法が重要なのではないかと思う(社長の言葉の中でこの対処は省略されているが、これは戦略上の秘密だからであり、実際の対処プロセスまで省略してはどうにもならない)。しかしながらトラバ先の氏はどうも炎上してひっそりブログをたたむことも想定内のようである。
posted by князь Мышкин at 00:24| マイアミ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トラックバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。