2005年05月14日

前提からくる問題

さて、こちらのブログでのお話について少し。

一応論旨ははっきりしている。(その意味では読みやすい)
「自らの安全のために憲法を改正するべきだ」という論に、だから、僕は、絶対に賛同しません。
である。
しかし、ここで引っかかる点がある。どうも日本には軍事力が無いと思い込んでいるようなのである。自衛隊についてどう考えているのかについて、何の解説も加えてもいない。自衛隊ある限り形式的な法律はどうあれ実質的には氏の考えるリスクは変わらないのではなかろうか。
9条改正でより安全になるという論は、自衛隊が有事により機敏に動けるようにその位置づけを憲法含め確かなものにするという理論であって、改めて軍事力を備えるという理論ではなかったように思われてならない。

尚、自衛隊も無い方がいいという理論である場合、有事の対処を聞きたい。
posted by князь Мышкин at 02:17| マイアミ ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | トラックバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、マイアミ様。トラバしていただいた「まぜたま」というサイトのtaroです。
ご質問の点などについてですが、意見が一見すると食い違っているように見える方とはメールでのやりとりを望んでおります。
個人的な経験則から、オープンな場でやりとりをしても、能率が悪いことが多いからです。
ですから、ご面倒でなければ、当方のサイトの右上のメールフォーム欄からメールアドレスを教えて頂ければ幸いです(私のメールアドレスをここで書くべきだとは思うのですが、web上に書き込んでしまうとウイルスメールとかが増えるのでメアドを書き込めません、申し訳ありません)。
Posted by taro at 2005年05月13日 02:41
こんばんは、taro様。
私としてはどちらかのブログのコメント欄を用いてのやりとりを希望いたします。多くの人にご覧いただく方が議論の意義は大きいと思うからです。もし途中での横槍で手間取ることからの能率の悪さを気になさるようでしたら、こちらで貴方以外のコメントを削除してゆくエントリをご用意いたします。
Posted by Мышкин at 2005年05月13日 18:19
本当に申し訳ないのですが、ニフティなどの時代からの経験上、Web上でオープンな議論をする気になれないのです。多くの人に見てもらう方が議論の意義が大きいとも感じられません(あくまでも、私にとってということです)。色々な理由はありますが、最終的に帰着するところは私個人の「好み」の問題です。
なので、お断りさせていただきます。
ご期待に添えなくて、誠に申し訳ありません。
Posted by taro at 2005年05月13日 19:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3603069

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。