2005年05月30日

荒らしの罪状

匿名による荒らしに対抗する前に、匿名荒らしの罪状を考えることも必要であると思われる。

基本的に名誉毀損や脅迫罪、電算機損壊等業務妨害罪といったところであろうか。

名誉毀損:3年以下の懲役若しくは禁錮または50万円以下の罰金

脅迫罪:二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金

電算機損壊等業務妨害罪:5年以下の懲役または100万円以下の罰金

ただ、電算機損壊等業務妨害は荒らしというよりクラッキングに近いので匿名云々は関係ないかもしれない。

問題は、名誉毀損や脅迫は確かに罪だが、それを防ぐ為に言論の自由を規制するようなことをしてよいか、というところだろう。「匿名による言論の自由」が存在すると考えるか否かで大分様相が変わってくるところではあるが。
posted by князь Мышкин at 01:35| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。