2005年07月14日

命の計量

まずはこのニュースをご覧頂きたい。

イラク戦争開始以来、イラク人死者は3万9000人=研究所
[国連 11日 ロイター] スイスのジュネーブ高等国際問題研究所は11日、2003年3月のイラク戦争開始以来、戦闘などで死亡したイラク人は、これまでの推定を大幅に上回る約3万9000人とする報告を発表した。


二年半で約四万人といったところか。
これは果たして多いのだろうか、他ないのだろうか。
例えば日本では、毎年交通事故死だけで9000人は死んでいる。二年半でなら22000人に上る。自殺者に至っては約3万5千である。一年余りで四万に届いてしまう。

もちろん、母集団の人口が異なるので相対比で比較するのが本来妥当ではあるのだが。
posted by князь Мышкин at 01:53| ドバイ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。