2005年08月17日

法廷の立証と一般の立証

小倉氏のこちらのエントリにも前回までの内容と関連して考えられることがある。

まずここでの問題について触れておくと

「立証責任」という言葉が活用されがちだったりするようですし(いちいちそのような用法がなされていたケースをデータベース化しているわけではないので、URL等は示せないのですが

別にデータベースなどなくとも、以前の憲法解釈云々のように、目に付いた1〜2例でもいいから例示しておけばかなり状況が違うと思うのだが、それも面倒だということだろうか。よく目に付くのに、1例も出ないということに対する違和感を覚えるし、観念的に「ありもしない事を想定し、それを批判している」と見なされても仕方ない。少なくとも、これまで小倉氏自身のブログでそういう議論があったなら例示は容易であるし…例示しない以上、小倉氏の言う「コメントスクラム(笑)」などと、その立証責任を騒ぐこととは無縁であるとされても異論を挟みにくい。

個人的な所感としては、立証せよ的な追求が起こるのは、いわゆる「陰謀論」を唱え始めた相手に対してである。一般的に判明している事実の範囲内ではできないような解釈を「隠された事実」なるものを措定し、その上で語る場合に、ではそのような事実の論拠となるものは何なのか?と問われてしまうわけである。

そうして、その場合事実の証拠を確実な形で示す事を必ずしも要求していない。こういう場合の事実の証拠収集は「訴訟法で認められている証拠収集手段」ですら手ぬるい(そもそも、一般人からすればその訴訟法で認められている収集手段すらルール違反寸前であるのだが)であろう。限りなくイリーガルな方法すら駆使し、情報をすっぱ抜く必要があり、それに成功したらその時点でそれは陰謀論ではなく告発である。これはルポライターやジャーナリストと言われる人たちの仕事の領域である。

しかしながら、ネットでのライトでポップなブログにそこまでの事を求めることは少なく、むしろ「事実の可能性の示唆」までに留まることが多いのではなかろうか。つまり、現在示されている事実から類推し、自分なりに予想されるまだ明らかでない事実を予想するのである。このプロセスの説得力がそれなりであれば、その仮定した事実に基づいた論(≒陰謀論)を唱えても、それはそれとして扱われるのではないかと思われるのである。

結局のところの問題とされているのは仮定した事実のプロセス(証拠ではない。証拠を示せたらルポライター略)、つまりはどのような理論でその事実を仮定したのか示せ、というのが「立証責任」といわれている内容の内訳になるのではないかと思われる。そして、そういわれたときにあんまりな情報源を論拠としてみたり、論理的に矛盾しているような場合には今度はそこが追及され、そうして加速してゆくと「炎上」に辿り着くこともあるかもしれない。

これらの手続きが済んだ後、支持する人としない人が居るのは当然であるし、その支持しない人が居ても、そのブログが炎上するとも限らないはずである。そのあたりにはもう一つ、ブログ主の態度や事実認識も関与してしまうだろう。こういった論理は飽くまで仮定の上での話しである。事実への解説ではないのだが、そこを混同するような真似をすると、コメンテーターとの摩擦でブログが加熱しやすくなると思われる。とりわけ上記「あんまりな情報源を論拠とした場合」などは、なまじ証拠があると考えているゆえに仮定の上での話とはしない。そうなると炎上しやすい。(あくまでしやすいだけである。情報ソースとして何を信じるかは個人の自由であるし、そのソースを踏まえた論理構築に矛盾点を作らなければそれ以上の追求はされない場合も少なくないだろう。「そんなのソースにしてるの?( ・∀・ )」「そうですが、何か?(;´Д`)」で終わりである。)


結局のところ立証責任というよりは説明責任に近い。どうしてそのように結論したのか、どう考えたのか、そのプロセスを示してみてはもらえまいか、ということである。これに対してもちろん回答義務はなく、無視したっていい。その際たるものがコメント欄閉鎖であるし、コメント欄は必ずしも必要なものではないのだから、説明が面倒なら閉鎖に躊躇する必要はない。

持論の詳細な説明はしたくない、だがコメント欄は閉鎖したくない、でもコメント欄で問い詰められるのは嫌だ、と言われても、それはいくらなんでも我侭ということにはなるまいか?
posted by князь Мышкин at 00:23| ドバイ | Comment(8) | TrackBack(0) | 匿名ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「守旧的な保守主義とは何であるのか」
「「反サヨク」「反シミン」とは何であるのか、そもそも「サヨク」「シミン」とは何であるのか」
「仮にサヨクが必ずしも一定の集団で無いとして、それを闇雲否定したところで、否定した物同士、敵の敵は見方的な共同性が得られたように思えてしまうのか。その証明は可能か」

なんて、自分がプロ市民なんて品のない言葉使ってる以上、絶対やっちゃいけないような議論のしかたして「説明しろ」なんてやるのは、駄目でしょう、とりあえず。
Posted by トニオ at 2005年08月18日 14:57
>絶対やっちゃいけないような議論のしかたして

関係のないエントリーに片っ端からトラックバックしたり、
のっけから 「ケッ」 などの罵り文句でレスを始めたりすることは

「絶対やっちゃいけないような議論のしかた」ではないのですか?
Posted by >トニオさんへ at 2005年08月19日 01:49
ロジックも捻れないくせに言葉遣いうんぬんやるのは豚のケツだよ。
Posted by トニオ at 2005年08月19日 14:03
ロジックも捻れないくせに言葉遣いうんぬんやる豚のケツ…

つ[鏡]
Posted by Мышкин at 2005年08月19日 18:22
この意味が理解できたら、またどうぞ。
Posted by Мышкин at 2005年08月19日 18:29
だーかーらー、そういうことをやったら、いくらでも不毛な議論になるでしょ。どういうふうに「つ[鏡]」なの?説明してみな?で、「プロ市民」を常用語として使ってるのに、

>「そもそも「サヨク」「シミン」とは何であるのか」

なんて、思考停止はどういうロジックだったらできるの?説明してみな?
それともなに?一生、「結論決め付けて議論してるんだぁー!だから間違ってるんだぁー!」ってやるの?それに至る過程も論説できんくせにさぁ。それが君らの生きる道なの?君らはいったいどうしたらそういうことが出来るのかね?
Posted by トニオ at 2005年08月19日 20:45
不毛で無意味な「議論」そして罵倒用語で議論拒否>オグ^H^Hトニオ氏
Posted by 不毛議論 at 2005年08月20日 02:13
コメントスクラムのころの自分らの態度はころっと忘れて「罵倒用語なのぉ!だから議論拒否なのぉ!!」はぁ、御立派。で、それが何の説明になってるの?
Posted by トニオ at 2005年08月20日 03:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。