2005年08月26日

意図した負け戦

堀江社長が広島6区から無所属で出馬する件について、最初から負けるつもりで出馬したという意見を見かけた。

なるほど、言われてみるとそうなのかもしれない。私も、堀江社長が出身の福岡から出馬しない理由が判らなかったし、わざわざ地元に強い求心力を持っていそうな亀井氏の居る広島を選ぶ理由も判りにくい、その挙句、自民からの造反組に対する刺客として送り込まれず、無所属。

しかしその全てが、万が一にも勝たないように、しかも注目はされるように、という意図からであるというなら意外と判然としているかもしれない。地元だと票が集まる恐れがあるから回避。自民公認となると票が集まる恐れがあるから回避。相手が造反組で話題づくりにことかかず、無所属で出馬しても(多分亀井氏が勝つので)自民と対立するような形にもならない。これは思いのほかよくできている場所なのかもしれない。
posted by князь Мышкин at 00:39| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6231546

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。