2005年09月15日

コメントマンドクセ

某所のコメント欄に書き込もうと思ったものの、なんとなく面倒になってやめた文を掲載する。

ところで少し話しがずれますが、以前私も「端末前に居るのが誰なのか、のラストワンマイルを保証するのはすごくたいへん」的な話を出したことがあったような気がするのですが、解決方法は「技術的には現時点でも可能」ですよね。既にIBMとかが導入している「指紋認証システム」を使えば指紋を数値化することで、個人をほぼ完全に特定、トレース可能になりますね。


クラックされた瞬間「指紋情報が抜かれたも同然」なわけですが。まあ指紋情報を数値化し、更に2chよろしくクリプト変数とか使って不可逆的に乱数にすればある程度の抵抗はできそうですけれど。

そして、解決方法の抜け方も現時点でおそらく技術的に可能で「指紋情報に偽装した情報を吐くシステム」をバイアスすることで回避可能になるわけで。これを更に回避するためには「その指紋情報が正規の情報であることを保証するデータベース」が必要になるはずで。そうなると今度はそのデータベース情報が抜かれた瞬間あqwせdrftgyふじk
posted by князь Мышкин at 00:00| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 匿名ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6851805

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。