2005年11月07日

放火犯の続き

前回間が悪いとは言ったが、こちらのブログにもとりあげられているような報道がなされているらしい。

確かに放火は重大犯罪であるが、いかなる犯罪も誰がやったら比較的許されて、誰がやったら一層許されないという差別はなく、罪は罪であると考える方が妥当であろう。

時々あることだが、「**(職業や所属)がこんな犯罪を」という言い回し、多くは奇妙な幻想に基づくと言わざるを得ない。例えばNHKの入社試験や社内での監査などでその人格性他が考慮されるようになっているのであれば、テストの不備として批判されるべきであろうが、NHKに限らず大抵はそういう試験は行っていない。それどころか試験が意味を成さない場合も少なくない。NHKなどよりもっと露骨な例は小学校の先生が生徒を盗撮という事件である。こういう人物は報道に関わるマッチポンプと同等かそれ以上にふるいにかけねばならないはずであるが、失敗したことになる。(報道において事件を追い求める事は、あるいは動機になるかもしれないが小学校の先生が生徒を変な目で見るのは、教育の上での動機として不純であろう。もちろん、報道において事件を追い求めるあまりマッチポンプに走るのはどうにもならないのだが)

言い換えるなら、特に犯罪が許されない職業等があるというなら、その選抜において犯行におよぶ疑いのある人をどうにか選別する必要があるように思われるのだが…そういえば面接試験の類は一体なにを見ているのか気になるところでもある。犯罪の危険性等は面接試験の基準に無いのか、面接官が節穴なのか。いずれにせよ批判すべきところがあるなら、そのあたりかもしれない。
posted by князь Мышкин at 00:16| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9046349

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。