2005年11月13日

ラベリング:「一部の人メソッド」の適用範囲と限界

「2chねらーは祭りと称して個人を攻撃する集団である」
「ねらーの一部でしかない」
「それは一部の人メソッドだ」

これが典型的な一部の人メソッドというラベリングの用法であろう。

まずはラベリングではない、本当に一部の人メソッドが運用される場合から考えてみたい。これは基本的に組織化された集団での、個人の自己弁護の為に用いられるメソッドであると考えられる。


例えばある会社が組織ぐるみで不正をはたらいたとする。その時会社の取締役が会見で「犯行は一部の人間のみで行われた」と言ったとする。しかし簡単に責任は逃れられない。平社員ならともかく、管理部署の人間は、組織的犯行を知りながら見過ごした事が疑われるし、本当に知らなかったなら管理不行き届きである。このあたりが一部の人メソッドの基本運用、トカゲの尻尾きりであると考えられる。

しかし上記2ch云々の場合の運用法は別の例が適当であろう。例えば、あるカルト宗教が強引な勧誘など問題のある活動をしていたとして、その宗教の信者に問題点を指摘した時、「それは一部の人がやっているだけ」と返すような場面が考えられる。この場合本人が問題行動を起こしていなくても(問題行動を起こしつつしらを切る場合もあるが)全体として問題のある行動をおこしている組織であると知っているなら、何らかのアプローチが必要となり、自分ひとりがやらなければいいということにはならないだろう。先の会社の場合でも、社員全員に問題が知れ渡っているような状況の場合、所属するだけで批判を免れ得ないということも考えられる。


さてこのように、実際に一部の人の責任にして責任逃れをしようとするメソッドは存在しうるのだが、一部の人メソッドというラベリングがなされる場合、必ずしも上記のような条件が揃っているとは限らない。本当に一部の人の仕業なのに、一部の人メソッドとラベリングし、全体を批判しようとする場面というのが考えられるのである。

判りやすい例は先日のNHK社員の放火事件である。あれなど完全に一部の人どころか個人の犯行であるのだが、NHK全体への批判に転換しようとしているような動きもみられた。こういう、本当に一部の人の問題を、全体の問題であるかのように拡張して非難する場合のラベリングとして「一部の人メソッド」という語が用いられる場面が少なくないのではなかろうか。

最初の2chの祭りに戻ってみよう。祭りと称して炎上に加担している人間が2chの大半だとどうして言えようか?それをどうやって証明してゆくのであろうか。統計などをとって、2chねらーの中で祭りに参加した経験のある人間が多数居るという結果でも出たのであろうか。

そもそも。2chの中で炎上に関わる板、スレッドはどれくらいであろうか。せいぜいがニュース系の各板やネットウォッチ板など、文字通り「一部の板の住人」であるということになるのではないか?しかもその中でも観察に終始し、「お触り」しない人も居るはずである。

注意したい点は二つある。一つ目は、2ch参加者の中に「責任者」は居ないのであり、各々が自己責任で祭りに参加するしないを決定しているところである。ゆえに、管理者の行うとかげの尻尾きりとしての一部の人メソッドは、存在しない。

二つ目は、2chは組織ではないという点である。であるので、仮に2ch全体の傾向が、あるいは一つの板全体の傾向として突撃し炎上させるようなものがあったとしても、自分が炎上に参加しないなら、その責を負う必要はそもそもなく、組織に帰属することを無視した一部の人メソッドも、成り立たないはずである。

それでも「一部の人メソッド」とラベリングしたければ、せめて大半の人間が炎上に加担している事を(具体的な数値を出せないまでも)示すことが必要なのではなかろうか。でないと単
に物事をステレオタイプに見ている事を告白しているだけになってしまう。

そもそもこの語の出所が気になるところであるが、それは別の話。このエントリの時点で24件しかヒットしないのは、ご愛嬌であると同時に全部回ると面白いものが見えてくるかもしれない。
posted by князь Мышкин at 00:15| 富山 ☁| Comment(19) | TrackBack(0) | 匿名ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いわゆる「『一部の人』メソッド」の話は、「自分たち(2ちゃんねら)に都合のいいようにこの論法をつかっていないか?」という皮肉だと思います。そこを理解しないと、この話を理解したことにはならないかと。
Posted by ゆーき at 2005年12月09日 06:47
具体的にどうぞ。

>そもそも。2chの中で炎上に関わる板、スレッドはどれくらいであろうか。せいぜいがニュース系の各板やネットウォッチ板など、文字通り「一部の板の住人」であるということになるのではないか?

これが間違いであるなら、考えを改める準備はあります。
Posted by Мышкин at 2005年12月09日 23:26
まあN速+系でしょうね。
あと「一部の人」かどうかっていうのは、「外部」から観察して判断できなければ、どうしょうもないです。イヤなら内部でそういった行動を諌めたりしなきゃ同じ仲間に見えますよ。
またたとえばよく公務員でひとくくりにしますけど、ちゃんと区別して話されてますでしょうかね?
Posted by ゆーき at 2005年12月10日 00:06
>あと「一部の人」かどうかっていうのは、「外部」から観察して判断できなければ、どうしょうもないです。イヤなら内部でそういった行動を諌めたりしなきゃ同じ仲間に見えますよ。

こういう論法けっこうありそうですね。「2ch」に限らず「ブロガー」ですとか「日系在日ペルー人」ですとか。私はそれら全て偏見であると思います。

>またたとえばよく公務員でひとくくりにしますけど、ちゃんと区別して話されてますでしょうかね?

そういう偏見でステロタイプに人を見る場合は区別などしていない場合も十分考えられます。そして同様の偏見に対し「それは一部の人だ」と返した場合に「それは一部の人メソッドだ」と返ってくるようですので、それはどうかな?という。
Posted by Мышкин at 2005年12月10日 21:05
もっというと、私にとっては「私たちはあなた方を全体としてみるけど、私たちはそういうふうにみないでください」と「内側」から言っているようなものに思えるのです。
結局、外部から判別がつくような状態でなく(内側からの論理、認識が作用しない)、ある種の行動が、「声が大きい」「特にその内部集団が大きい」(ようにみえる)ため、その集団全体として観測される場合、カテゴリカルに語られるものである、ということは世間一般の論法なのでしょう。
そうであるとしたならば、私は「外部から見たらどのように評価されるものであるか」という視点が重要である、と思うのです。
Posted by ゆーき at 2005年12月11日 04:18
判別に足る情報、十分類推可能な状況でありながら、偏見を改められない人の偏見を正当化するに足る理由ではないですね。

>私は「外部から見たらどのように評価されるものであるか」という視点が重要である、と思うのです。

それは必要でしょうが、しかしそのことをもって「外部からの評価は正当である」と前提することにはなりません。


>、「自分たち(2ちゃんねら)に都合のいいようにこの論法をつかっていないか?」という皮肉だと思います。

これについて、どういう時が正当で、どういう時が都合のいいようにつかっているのか、具体例がいまだ出てこないどころか、どんどん偏見一般を正当化しようとしているように見えてきます。

「2ch」のところを「ブロガー」などで不足なら「在日韓国・朝鮮人」と置き換えて見ましょうか。これに対して外からどう見えているか、というのを押し付けることを是とするような論法になっていますが、それでよろしいのでしょうか?
Posted by Мышкин at 2005年12月11日 17:27
>判別に足る情報、十分類推可能な状況
なにをもって「判別に足る」とおっしゃるのでしょうか?
>「外部からの評価は正当である」
私は別に「常に外部からの評価は正当である」と述べるつもりはありません。「そう思われても仕方ない状況にあるのではないか?」といいたいだけです。
>具体例
「のまねこ」の犯罪予告騒動なんて際たるものでしょう。で、ひるがえって2ちゃんねら当人たちは韓国人等について同様のレッテル貼りしていないといえるでしょうか?
>これに対して外からどう見えているか、というのを押し付けることを是とするような論法
なにをもって「押し付ける」というのかわかりませんが、「外部の評価」に「押し付け」の要素が含まれていない、ということはないと思います。
したがって、私は「評価」という点での「押し付け」は容認します(もちろんそれが「間違っている」なら話が別です)。
結論として、「評価」がある程度全体の傾向と合致していると認められ、内部から沈黙を通り越した是正の動きがない限り、私は不当な「押し付け」とは判断いたしません。

また
>「一部の板の住人」であるということになるのではないか?しかもその中でも観察に終始し、「お触り」しない人も居るはずである。
外部の人にとっては、全体の住人は関係なく、外部に「お触り」に行く人が全てです。まずここに「内」と「外」の認識の齟齬があります。
>一つ目は、2ch参加者の中に「責任者」は居ないのであり、各々が自己責任で祭りに参加するしないを決定しているところである。
これにも、一般的な「社会」でそのような言い分が通用するかという点でも齟齬があります。裁判で「管理人」の責任を認めた判決がありますが、それが一事例でしょう。
>二つ目は、2chは組織ではないという点である。であるので、仮に2ch全体の傾向が、あるいは一つの板全体の傾向として突撃し炎上させるようなものがあったとしても、自分が炎上に参加しないなら、その責を負う必要はそもそもなく、組織に帰属することを無視した一部の人メソッドも、成り立たないはずである。
組織に「帰属」しているとみるか、みないか、は私は客観性の問題であると考えますので、外部からは匿名であって個人の同一性の担保がない以上、全体として「組織」であるという評価は、それほど間違っていないと思います。
もし、本当に「一部の人」であるというのなら、固定ID性にするなどして外部からの客観性を担保すべきだと思います。
Posted by ゆーき at 2005年12月12日 01:47
>なにをもって「判別に足る」とおっしゃるのでしょうか?

ある程度以上の人間が、組織立つことなく、一定の思想、行動を共有することは「ありえない」というのが基本だと思われるところです。それを覆さんと、「実は2chは少数の自演」とか「右翼が影で操っている」という陰謀を唱える人も居たわけで。

>「のまねこ」の犯罪予告騒動なんて際たるものでしょう。で、ひるがえって2ちゃんねら当人たちは韓国人等について同様のレッテル貼りしていないといえるでしょうか?

やっているでしょうね。で、それと同レベルのことをなさりたい、ということでしょうか?

>結論として、「評価」がある程度全体の傾向と合致していると認められ、内部から沈黙を通り越した是正の動きがない限り、私は不当な「押し付け」とは判断いたしません。

そうですか。では同様にして在日差別者が正当化されそうです。

それと、是正の動きというのは不可思議です。犯行予告などなら是正どころかまずは通報ですが、それ以外、合法的な発言について「是正しないなら、同意したとみなす」というのはどういう論法でしょうか。意見が異なる場合、互いに議論を重ね統一せねばならないというのでしょうか。そんな謂れは全く見当たらないところです。ある言論を否定する理由として、不十分です。

このような言論の自由からすれば、もちろん「一部の人メソッド批判」という珍説も唱えて構わないと思いますけれどね。ただ、それは論としておかしいと思うと私が述べるのもまた私の勝手で。

>外部の人にとっては、全体の住人は関係なく、外部に「お触り」に行く人が全てです。まずここに「内」と「外」の認識の齟齬があります。

ええ。そういう印象を持つのは勝手です。しかしいざ論争になって「それは一部の人」という説が出て、実際全体として大した人数が動いていないという状況が示されて尚「それは一部の人メソッドだ」と返すことが理にかなっているというふうには思えません。

>これにも、一般的な「社会」でそのような言い分が通用するかという点でも齟齬があります。裁判で「管理人」の責任を認めた判決がありますが、それが一事例でしょう。

どの判決でしょうか?私が知るものでは、掲示板に書かれた内容について管理人の責任を認め損害賠償が認められた例はあったと記憶しておりますが、外に出ただれそれを「2chという組織の成員の行動の責任は、管理人の責任である」というふうにした判決は聞いた事がまだありません。

>外部からは匿名であって個人の同一性の担保がない以上、全体として「組織」であるという評価は、それほど間違っていないと思います。

匿名であって個人の同一性の担保が無い以上、全体として「組織」であるという評価は間違っていない。


…ではブロガーは匿名かつ、同一性の担保はありません(あると思っているのは錯覚)ですので、全体として「組織」となりますね。

そして、匿名でなく同一性の担保がある場合は「全体として組織でない」となりそうです。組織という語をどういう意味でお使いでしょうか?

>もし、本当に「一部の人」であるというのなら、固定ID性にするなどして外部からの客観性を担保すべきだと思います。

なるほど。「一部か全部か判らないなら、勝手に全部と決めて構わないはずである。」面白いメソッドです。

さて、ここへきて気づいたことがあります。私は「ある2ch批判をする人」が「2chねらーでない」ということを知ることができません。この場合、私の論理だとその人を2chねらーだと決め付けるわけにはいきませんが、ゆーき氏の論理だとその人を2chねらーだとして構わないようです。なにしろ、その人には固定IDなどが無く、「2chに参加していない証拠が無い」のですから。

こうしてみると「2chを批判しているのは、2chねらー自身のマッチポンプである」と結論できそうです。2chに書き込んでいたのに批判してる人は実際居ますしね。え?そんなのは「批判者の一部にすぎない」ですか。

まさに一部の人メソッドですね。
Posted by Мышкин at 2005年12月12日 02:52
>合法的な発言について「是正しないなら、同意したとみなす」というのはどういう論法でしょうか。
違法な話がいつのまにか合法な話になってしまいましたね。
>実際全体として大した人数が動いていないという状況が示されて
「実際」には何百万というアクセスであるそうですからそうでしょうね。さらにある特定の板の特定のスレッドから派生するので「実際」には極一部の者がやるのでしょう。確かめようがありませんが。そんなに「一部の人」というのなら、固定IDでも導入すれば疑惑の余地も減るでしょうに。
>外に出ただれそれを「2chという組織の成員の行動の責任は、管理人の責任である」というふうにした判決は聞いた事がまだありません
「2ch内」でのことを事例としてとりあげたまでです。判決からすると「内部」での(祭り)行為は管理人が相応の責任をおうとのことですが、外部で行われた場合はそこの管理人の行動次第でしょう。
>ではブロガーは匿名かつ、同一性の担保はありません(あると思っているのは錯覚)ですので、全体として「組織」となりますね。
そうですね。「組織」ではなく「場」でしたね。
>。「一部か全部か判らないなら、勝手に全部と決めて構わないはずである。」面白いメソッドです。
そうですね。私はここがキモだと思っています。匿名で、責任の帰属があやふやで、誰が誰だか判別つかなくて、外からは「多数の名無しさん」としかみえないけれど、その名無しさんは「その実は個人なんです。だから個人に責任があるんです」と言っているように思えるのですから。
「個人に責任」はその通りですが、実際にその個人に責任がいくシステムになっているでしょうかね。私は疑問ですが、きっとあなたは「十分である」と思っているのでしょう。
>ゆーき氏の論理だとその人を2chねらーだとして構わないようです。
前提が間違っていますね。私は2chに書き込んでいるわけではないのですから。これが「前提そらし」っていうやつですか?それとも前提を明示しなかった私が悪い?
Posted by ゆーき at 2005年12月12日 04:06
あと
>>「のまねこ」の犯罪予告騒動なんて際たるものでしょう。で、ひるがえって2ちゃんねら当人たちは韓国人等について同様のレッテル貼りしていないといえるでしょうか?

>やっているでしょうね。で、それと同レベルのことをなさりたい、ということでしょうか?

違うのは、一部の人メソッドを使い、「自分はやるけどお前はやるな」って言わないことですね。ダブルスタンダードはしないっていうやつです。ああ、でもあなたの論法ではダブルスタンダードするのも「一部の人」なんでしょうけど

>同様にして在日差別者が正当化されそうです。
どのような「評価」かおっしゃっていただかなければ「正当」かどうか私には判断つきかねます。

あと上記の
>>合法的な発言について「是正しないなら、同意したとみなす」というのはどういう論法でしょうか。
>違法な話がいつのまにか合法な話になってしまいましたね。
私としては、犯罪予告、名誉毀損、侮辱を念頭においていたのですが、合法である場合には倫理の問題になるでしょう。いわゆる「傍観者の責任はあるかないか」っていうやつです。
Posted by ゆーき at 2005年12月12日 04:32
>違法な話がいつのまにか合法な話になってしまいましたね。

違法な犯行予告については最初から問題にしていませんが。それとも貴方は「2chねらーは犯行予告をするような集団である」と考えるわけですか?同様のメソッドが「韓国人は〜」という文脈で使われるのもありだと?

>そんなに「一部の人」というのなら、固定IDでも導入すれば疑惑の余地も減るでしょうに。

ニュー速の1日IDで何人程度参加しているかあるていど類推かのうなわけですが。それで不足な理由がありますか?

>「2ch内」でのことを事例としてとりあげたまでです。

同上

>そうですね。「組織」ではなく「場」でしたね。

場に個人を帰属させる論理が全く意味不明です。新宿(任意の街)で起きた犯罪を指摘して「新宿に居る奴は犯罪者である」と結論するのと同様の無理があります。

>「個人に責任」はその通りですが、実際にその個人に責任がいくシステムになっているでしょうかね。

逮捕者が出たりしていますが、不十分ですか?ネット上にはIPを記録していない掲示板があり、そこの方が数段問題があるはずなのですが、そういうのを無視して「なんとなく巨大で怖い」という感覚だけで語ってはいませんか?

>前提が間違っていますね。私は2chに書き込んでいるわけではないのですから。

いえ?そもそもそれなら「2chの参加者の大半はのまネコ問題について書き込んでいない」ということをどうして無視できたのか判りません。これを無視して参加者をひとくくりにできるなら「貴方も2chに書き込んだに違いない」という勝手な決めつけも否定できなくなりますよ?という話をしております。

>違うのは、一部の人メソッドを使い、「自分はやるけどお前はやるな」って言わないことですね。ダブルスタンダードはしないっていうやつです。

同レベル、は後半の韓国人ラベリングにだけかけたつもりでしたが、読みにくくて失礼しました。なるほど、貴方はダブルスタンダードはしない。しかし「ある集団を決め付けで語る」と。判りました。それで構いません。私はしませんが。

>どのような「評価」かおっしゃっていただかなければ「正当」かどうか私には判断つきかねます。

「一部の犯罪者の存在をとりあげ、全体がそうであるという決め付け」ですね。

>私としては、犯罪予告、名誉毀損、侮辱を念頭においていたのですが、合法である場合には倫理の問題になるでしょう。いわゆる「傍観者の責任はあるかないか」っていうやつです。

犯罪については、犯人の責任です。犯罪でないなら、何をどう責任をとるのでしょう?具体的にどうするのか見えてきません。

2chの膨大な書き込みの中で、問題のある発言を次々察知して全部に批判の書き込みをする?わざわざそうする義理などありませんね。場の問題とするなら、先の通り「同じ町にいる犯罪者の犯行について責任はないし、考えの違う相手がいたとしても合法なら放っておいて構わないはず」でおしまいです。

ここで一番重要なのは
>そうですね。私はここがキモだと思っています。
という点について既に誤解があることでしょうか。
Posted by Мышкин at 2005年12月12日 18:24
>場に個人を帰属させる論理が全く意味不明です。新宿(任意の街)で起きた犯罪を指摘して「新宿に居る奴は犯罪者である」と結論するのと同様の無理があります

そうですか。あなたは2ちゃんねるは「場」である、という立場なのですね。
それでは最後に確認としてお聞きしますが、のまネコ問題にて「2ちゃんねるのAA群は2ちゃんねらーのものだ」という主張が、みられましたが、これはどう考えますか?これは「2ちゃんねらー」という共同体に権利が帰属する、という主張ですが、あなたのいうように「場」であれば「場」に権利は帰属することはないので、この論理は成り立ちません。あなた様としてはどちらの論理をとるのでしょうか?
Posted by ゆーき at 2005年12月19日 12:00
>これは「2ちゃんねらー」という共同体に権利が帰属する、という主張ですが

その主張が法的に正当だとお考えで?私はそう思いません。参考までに、「共同体に帰属する著作権の例」を例示いただけますでしょうか。組織形態をとらない共同体に帰属させるのは法的にかなり無理があるように思われます。権利の主張も難しく、権利主体が誰なのかわからないですし。(組織でない共同体の例、でお願いします)


>>そうですね。私はここがキモだと思っています。
>という点について既に誤解があることでしょうか。

この問題は貴方の誤解ということでよろしいですか?
Posted by Мышкин at 2005年12月19日 19:23
一つ注意しなければならないのは、フォークロア的に共同体の共有である、という主張は『「2ちゃんねらー」という共同体に権利が帰属する』という表現とは少し異なるということでしょうか。私としては

「お前(avex)のものではなく、みんなのもの(誰のものでもない)だ」という主張には賛同できますが
「お前(avex)のものではないみんなのもの(私たちのもの)だ」という主張には同意しかねます。
Posted by Мышкин at 2005年12月19日 19:40
もう少し言うなら、avexがフラッシュをベースにしたプロモーションビデオで商売をすることに異論はないですが、何らかの形でのまネコに類する図画一般を占有しようとするなら、それは不当だ、と思う次第です。ビジネスになる可能性を示すことは創作を促進しますが、占有された場合創作が萎縮するから、というのが理由です。
Posted by Мышкин at 2005年12月19日 19:49
>その主張が法的に正当だとお考えで?私はそう思いません。
私ではなく、「AA群はフォークロアとして保護されるべきである」と主張している「2ちゃんねらー」の方々に聞くべきでしょう。私はその主張に対してどう思うか?としか聞いてませんから。
参考
http://blog.livedoor.jp/protectmona/archives/50054423.html

>>>そうですね。私はここがキモだと思っています。
>>という点について既に誤解があることでしょうか。
>この問題は貴方の誤解ということでよろしいですか?
「場」という認識で話されるのであればかまいません。ただ私としては、「のまネコ」の件で、「総意」としては「共同体」という認識を持っている、と判断しておりますので


「お前(avex)のものではなく、みんなのもの(誰のものでもない)だ」としますがここでの「みんな」とは誰をさすのでしょうか?
「全ての人間」とした場合、「ある一部」の意見でもって「ある者」の使用を不当に(手続きなしに)制約するようなことはできないでしょう。一方「2ちゃんねらー」であるとすると、結局「お前(avex)のものではないみんなのもの(私たちのもの)だ」と、対外的には何も変わらないでしょう。

>占有された場合創作が萎縮するから、というのが理由です。
占有している部分は「のまネコ」の部分だけです。もしこのような論理を普遍的に適用していくと、「誰かに権利をみとめて他の者の表現を萎縮させる著作権法は不当な法律だ」、という主張になると思いますが、そのあたりはどうでしょうか?


Posted by ゆーき at 2005年12月20日 02:58
もう一つ言えば、あなた様の論理でいえば、2ちゃんねるは「場」でしかないので、AA群を「お前(avex)のものではなく、みんなのもの(誰のものでもない)だ」という意見にすら賛同できないはずではないか、とおもうのですが(投稿するのは「個人」ですので、その「個人」のもののはずです)いかがでしょうか?
Posted by ゆーき at 2005年12月20日 03:28
>「場」という認識で話されるのであればかまいません。

もう一度見てみましょう

>そうですね。私はここがキモだと思っています。匿名で、責任の帰属があやふやで、誰が誰だか判別つかなくて、外からは「多数の名無しさん」としかみえないけれど、その名無しさんは「その実は個人なんです。だから個人に責任があるんです」と言っているように思えるのですから。

どういう認識であろうと、責任の帰属対象は個人であり、その同定は可能である。ですのでコミュニティであろうとこの誤解には変わりないのですが。

>としますがここでの「みんな」とは誰をさすのでしょうか

誰のものでもない、と明記してありますね。

>占有している部分は「のまネコ」の部分だけです。

どこからどこまでがのまネコであるのか、その境界が曖昧です。著作物としての「のまネコフラッシュ」単体に著作権が発生するという事については(二次著作として)諸説ありましょうが、その為に商標登録する必然性があるとは考えられません。その方法は、無主物先占よろしく独占しようとした、とみなされた。「のまネコはモナーAAの使用を規制するものではなく、そもそもできません」「じゃのまネコそっくりのモナーを用いたフラッシュは?」これへの回答、どうなっていましたでしょうか?モナーとの厳密な区別の境界線はどこなのでしょうか。それが確保されるなら一連の2chねらーによるとされる批判は杞憂でしかなかった、といことになります。(もっとも厳密な著作としてののまネコフラッシュだけ保護したいなら商標登録の意味が判りにくくなりますが)

>投稿するのは「個人」ですので、その「個人」のもののはずです

本来なら原著作者としてのモナー作者のものです。名乗り出ることがあれば、その人を権利者とすべきでしょう(証明もできるなら)そういった著作者が居ないといえども、その場合パブリックドメインに近い形になったモナーに、しかし無主物先占だけは認めがたい。そういう意味での反発は正当なものであるように思われます。
Posted by Мышкин at 2005年12月20日 04:18
おっと、引用失敗以下も追記です

>「個人に責任」はその通りですが、実際にその個人に責任がいくシステムになっているでしょうかね。私は疑問ですが、きっとあなたは「十分である」と思っているのでしょう。

ついでにお聞きしておきます。貴方は今でも「疑問である」とお思いでしょうか?

Posted by Мышкин at 2005年12月20日 04:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9253217

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。