2005年11月28日

マイルールを押し付けるブログ

いつもの小倉氏のエントリであるが、言いたいことの大半はとうに他の人に先を越されて何も書くことがなかったのだが、コメント欄の話が大幅に逸れているようなので、元々はどういうものだったのか、私なりに振り返ってみたい。

(ここから独断と偏見)つまり結局小倉氏が実名を要求したがっていたのは、自分が実名でポカをやらかしてその評価を下げた(であろう)ことに端を発すると思われる。小倉氏は、自らの評判が下がる一方で、自分の評価を下げに来た匿名のコメンテーターたちは失敗しても(中には失言もあったろう)匿名ゆえに一切評価を下げないのは不公平だと思ったようである。

しかし、これも既にどこかで言われているが、実名で発言する場合は好評を博す場合に自らの評価を上げるというメリットと引き換えに珍説を唱えたら叩かれるというデメリットを抱えているだけのはずで、匿名である時は評価が下がるデメリットが無い一方で、どんなグッジョブしてもその場限りであり、メリットも無いはずである。

そもそも、小倉氏自身も専門外の事については匿名で別ブログを立ち上げるなりして発信していれば、叩かれてもその場限り、いざとなったらその匿名の別ブログだけたためば事たるというリスクヘッジは可能であったはずである。それを選ばなかったのは、本人の勝手でしかない。

小倉氏の提唱する匿名の卑怯者論は、小倉氏本人が匿名で書き込んだらヒキガエルに変えられてしまう呪いでもかけられていない限り、勝手なルールの押し付けでしかないように思われてならない。
(/独断と偏見ここまで)
posted by князь Мышкин at 00:15| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 匿名ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9894108

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。